CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 千秋楽!!! | main | 一人楽屋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
稽古場レポート改め劇場レポート! vol.1
今回は初日編をお届け!
兵庫公演までの束の間、こちらを読んでお待ちください・・・!


劇場レポート!*初日編*
はじめにおことわりしておくが、これは9月14日、初日の昼間の出来事である。
劇場に着いたのは午前中。緊張気味に楽屋へ入る。だって今日は初日なんである。場当たりとゲネ(本番同様の通し稽古)と本番と、その合間にごはんや手直しや、いろんなことが待ち受けてるんである。これはあれだな、あんまり話しかけたりとか、しちゃいかんな……と思いきや、行き交う面々はわりと笑顔。「おはよーございまあす!」とか、普通に言われてしまう。だからこっちも、思わずつられる。「どうですか調子は?」とか聞いてしまう。最初にその壁を破ってくれたのは、辻本祐樹だ。

辻本「んーまだわからないですねえ……だって、あの客席にいっぱい、お客さんが入るわけですよね。そしたら、いきなり緊張しそうで!」

なんて言いつつ、やっぱり終始笑顔である。大丈夫ですよ、そんな笑顔を見せられたら、キャストもスタッフもお客さんも、みーんな味方になっちゃいますから!……などと言い返す間もなく走り去る背中を見送る。

ゲネが始まるまでの短い時間、演出の井関佳子に興味深い話を聞いた。作戦や戦略どうこうではなく、彼女自身がひとりの観客として「素敵だ」と思う*pnish*の姿を、舞台に乗せたいのだと言う。

井関「彼らがいちばん素敵なのは、肩ひじ張らない素直な姿。本人たちが“カッコよく見せよう”とか“可愛く見せよう”とかしはじめちゃうと、なんか違うんですよ。“君たちはそれでカッコいいと思ってるかもしれないけど、実はそうでもないんだよ?”って思っちゃう(笑)」

たとえば今回、佐野大樹に与えられたキャラクター。それは常時がむしゃらで無鉄砲で……という得意のキャラとは、若干違う。どこか抜けていて、マイペースで。テンションは高いんだけど、どちらかといえば、のほほん風味の青年像。それを彼が少しでも、「のんびり見せよう」とか「コドモっぽくやろう」としてしまうと、井関はビシッと見抜いて指摘する。「今のは、タジ(今回の役名)の気持ちが伴ってないよね?」。

佐野「力まないように、力まないように……って思ってやってます。長ゼリフだと、まだ力んじゃうんですけどね。噛まずにちゃんと言わなきゃ!って思っちゃうから(笑)」

*pnish*にとっての、2007年。ただただ大汗かいて、全力疾走してさえいればカッコいい!なんて季節はとっくに過ぎた。順に三十路を迎えようとしている彼らにとって、次に踏み出すべきステップは、たとえばこんなことなのかもしれない。

鷲尾「今回はいつもみたいに、ひとりずつのキャラの強さで押し切れるような芝居じゃないんですよ。みんなの会話とか空気感とかを、ひとつずつ噛み合わせながら組みあげていく芝居だと思う。だからひとりでも個人プレーに走っちゃうと、全体のバランスが崩れてしまう。そういう芝居は初めてだから、たくさん悩んだし、迷いましたね」

森山「稽古中は、なんとなく手ごたえが物足りなかったんですね。これはきっとキャラクター性が弱いせいだ、って思って、ぎりぎりまでネタをあれこれ考えてた。でも、稽古場での最後の通しくらいのころから、“……あ、なんか違う”って思って。探るべきはキャラクターのインパクトじゃなくて、アズマ(役名)の心境とか、気持ちの流れとか、そっち方面なんですよね」

台本に書かれていない、登場人物の余地。のりしろ。演じしろ。それらを、演じ手本人が自力で埋めなければならない。台本を受け取ったとき、「あ、なんにも書かれてない」と思うのか、「わー、いろいろやれるぜ♪」と思うのか。そこがわりと、大切な分かれ道なのかもしれない。

もちろん客演陣だって、うかうかしてはいられない。心の置き場所と、観客との距離感について、毎日悩んでいるのは木村靖司。とあるシーンの、とある仕掛けの必勝法について、模索中なのは加古臨王だ。スタッフのひとりを黒子にして、そばまで出てきて手渡してもらえばいいんじゃない?…的な案が出された瞬間、彼はつぶやいた。

加古「黒子に(笑いを)持ってかれるのも悔しいんだよなぁ……」

そして束の間の食事休憩。肉と魚、2種類用意されたお弁当の、売れ筋ぐあいがこの座組の貪欲さを映し出す(写真)。肉だ!力だ!テンションだ!! 燃える闘魂の日々が始まった。

取材・文:小川志津子
| 稽古場レポート! | 21:19 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:19 | - | - | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/09/19 10:44 PM |